HOME > 鹿児島県立短期大学 学生向けのサイト > 紹介:宗田ゼミナール 

宗田 健一(SOTA,Ken-ichi) 鹿児島県立短期大学 商経学科 准教授

紹介:宗田ゼミナール

第1期(2006年卒業) 7名(男-0、女-7)
入 学 年 度
紹  介  文
C・Yさん(経済専攻)  宗田ゼミは、毎回楽しく開かれています。学生数は7人で、内容は、企業会計について学生によるプレゼン形式で勉強中です。会計の知識だけでなく、プレゼン能力も身につけることができ、一石二鳥です。自分達で資料を作りプレゼンをするというのは大変ですが、とてもやりがいを感じます。
 宗田先生も、時にはやさしく時には厳しく指導してくださいますし、就職活動についてもよく気にかけてくださいますので、本当に頼れる先生です。このゼミは、楽しむところは楽しく、しっかりするところは厳とした空気で日々勉強しています。勉強をするにはとてもよい環境だと思います。
E・Kさん(経営情報専攻)  私たち宗田ゼミは、宗田先生を含む8人で活動しています。宗田ゼミでは、会計をテーマに社会における会計学の役割と重要性について学んでいます。ゼミでは、専門書をグループでまとめて報告・討論をしています。今までは会計について深く勉強する機会はありませんでしたが、ゼミを通してより深く会計について勉強することができました。
 会計と聞くと難しいイメージがあると思いますが、先生が分かりやすく丁寧に教えてくれるので少しでも興味がある人、会計について深く学びたい人にはお勧めです。また、就職に関することなどさまざまなことを教えてくれるのでいろんな意味で勉強になるゼミだと思います。
E・Sさん(経済専攻)  私が、このゼミを選んだ1番の理由は簿記論に興味があったからです。宗田ゼミでは、簿記論を交えながら日本における会計制度について学習していきます。知識を身につける事は勿論のこと、先生が討論の仕方や日常的なマナー面においてもいろいろ話を聞かせてくれるので様々な事を自分の身につける事ができると思います。多少、難しいと感じる事もありますが回を重ねる度に楽しみに感じるゼミだと思います。
M・Sさん(経済専攻)  宗田ゼミは会計学の勉強をしています。簿記の苦手な私についていけるか最初は不安でした。内容も難しく、先生も厳しいです。しかし自主的に動けば必ずついていけます。その為のヒントを先生は出してくれます。
 会計学だけでなく他の勉強についても言えることですが、このゼミは自分の考えを論理的に説明し、意見を出す積極性を鍛えるに最適な場です。また自分でなんとかするという能力も育ちます。これらは社会人になる上で絶対に役に立ちます。他のゼミ生の発表を聞いていると「自分も頑張らなくては。」という風に、良い刺激を先生や他のゼミ生から毎時間もらっています。このゼミは会計学を深く勉強したい人は勿論、負けず嫌いで努力家の人にもオススメです。
S・Kさん(経営情報専攻)  宗田ゼミは『現代における日本の企業会計制度』のテーマの基に学習しています。将来、会計関連の職に就きたい人や会計に興味のある人にはお勧めのゼミです。しかし、宗田ゼミは、会計に興味ない人には厳しいゼミです。宗田先生は、ゼミ生が社会に出た時にある程度のプレゼン能力がついていることを目標にゼミをするので、ただ会計のことを自分で調べるのではなく、人に説明できるようなプレゼンを求めているからです。
 そのため、ゼミの中で時には厳しいことも言われます。ですが、会計以外のことでも、社会に出てからの礼儀を教えてくれたり、就職の面接指導をしてくださりとゼミ生のためになるようなゼミをしてくださります。会計について磨きをかけたい方は宗田ゼミをお勧めします。
S・Nさん(経営情報専攻)  宗田ゼミに出席するようになって、私は自分自身が少し変わった気がします。宗田ゼミの前のゼミでは、前もって与えられた課題を担当者がまとめ、プレゼンテーションをした後はおしゃべりなどをして過ごしていたのでゼミというものは楽なものなのだと思っていました。しかし、宗田ゼミは厳しいです。前のゼミとのギャップがありすぎて最初は慣れることが大変でした。
 先生は、私達が来年は就職することを考えて、社会にでたら今のような甘ったれた考え方は通用しないことを教えてくれます。そのおかげで、今まで甘えた考え方しかできなかった私は、ゼミに出席するたびに自分自身が少しずつ成長しているような気がします。きっと、宗田ゼミを卒業する頃には、社会に通用するような人間になれていると思います。私は、宗田ゼミに希望してよかったです♪
Y・Kさん(経営情報専攻)  宗田ゼミでは、会計学を主に学んでいます。短大に入って始めて簿記を習った人には難しく感じるとは思いますが、会計学を学ぶことによって、同時に簿記についても分かってくると思います。普段は会計学の教科書に沿って学びますが、重要な部分については日経新聞に載っている記事などを使い、身近に起きている問題と一緒に見ていくので分かりやすく学べます。
 また、会計学の教科書を章ごとに分けて2人1組でプレゼンテーションを行うので、プレゼンテーション能力を身につけることができます。その他にも春休みや夏休みなどの長期休暇の期間を使って一冊の単行本を読み、まとめ、プレゼンテーションを行ったりもします。つい忘れがちになる社会人としての心構えや、就職に役立つ常識的なことも学べ、中身の詰まったゼミになると思います。



鹿児島県立短期大学HOME | 鹿児島県立短期大学商経学科

商経掲示板 | 商経学科教員一覧


Copyright © 2002-2005 Ken-ichi SOTA. 無断転載を禁止します。
This Site is tested by Internet Explorer 5.5 and Netscape 6.2 on Windows.
It is better for you to use those browsers or later.